多汗症が出やすい部位

頭部
頭部の多汗症の症状について
頭部の多汗症は、頭から大量の汗が出る症状です。暑かったり運動したりして体温が上がると誰でも頭に汗をかきますが、頭部の多汗症の人は、大して暑くなくても汗をかいてしまいます。また、緊張したりストレスを感じたりしたときも、汗をかきやすくなります。しかも、頭部の多汗症の人は、かく汗の量が通常の範囲を超えています。汗が顔に流れ落ち、髪の毛がぐっしょり濡れるほど大量の汗をかいてしまうのです。
頭部の多汗症で困ること
頭部の多汗症の人は、髪の毛が濡れるほどの汗をかきます。その結果、ヘアースタイルが崩れやすい、頭部が蒸れて臭いの原因になる、といった悩みを抱えることが多いようです。また、頭の多汗症は、周囲の人に気づかれやすいという難点もあります。自分だけダラダラ汗を流していることに気づいて、恥ずかしい思いをした経験がある人も多いことでしょう。緊張すると症状が現れる場合は、プレゼンや会議などで人前に立つことにためらいを感じることもあります。
  • 汗で髪型が崩れる
  • ニオイを発することも多い
  • 頭から汗が大量に垂れてくるので目立つ
多汗症の治療方法
脇、手のひら、足の裏といった部分の多汗症は、病院で手術を受けることによって、根本的に治療することができます。切開手術のほかにも、レーザー治療、超音波治療、吸引法など、様々な治療法が有効です。ですが、頭部は体のほかの部分に比べてリスクが高いため、簡単に手術するわけにはいきません。そのため、病院での治療は精神療法が中心となります。ですが、美容外科の中には、頭部へのボトックス注射を行っている病院もあります。
詳しく見る
部位別NAVI
多汗症には、体全体に汗をかく全身性多汗症と、特定の部位に汗をかく局所性多汗症の2種類があります。多汗症が発症しやすいのは、頭部、顔、手のひら、足の裏、脇の下。どこに発症するかによって、生活への影響、治療法、手術の可否などが異なります。発症部位によって治療に適した病院が異なる場合もあるので、部位別の多汗症の特徴を知ることが大切です。

多汗症治療おすすめクリニックNAVI

全国に48院を展開する品川美容外科は、美容整形だけでなく多汗症治療も行っている病院です。土日祝でも治療を行っている病院もありますし、午後8時まで診察しているところもあります。品川美容外科では、ボトックス注射や超音波によって多汗症治療を行っています。どちらの手術も、手術にかかる時間は数十分ですので、もちろん病院からは日帰りできますし、体への負担も少ないです。丁寧なカウンセリングをしているので、安心して治療が受けれます。
品川美容外科
多汗症基礎知識
多汗症体験談
多汗症Q&A

編集者のひとりごと

多汗症のセルフケア
多汗症には、病院で手術などの治療を受けるほか、日頃のセルフケアも重要です。頭や脇に大量の汗をかくと、臭いが気になりますよね。普段あまり汗をかかない人ほど、ベタベタして臭いやすい汗をかくものです。一方、普段から適度に汗をかいて発汗機能が整っている人は、サラサラした汗をかきます。つまり、普段から運動などをして汗をかき、発汗機能を鍛えることで、汗の臭いを予防することができるのです。また、汗をかいたらこまめに拭きとって、雑菌の繁殖を防ぐことも大切です。