多汗症が出やすい部位

顔
顔の多汗症の症状について
顔は、脇、手のひら、足の裏の次にエクリン汗腺が多い部分です。そのため、顔の多汗症に悩んでいる人は少なくありません。顔は、手のひらと同じように、緊張やストレスを感じたときに汗をかきます。また、味覚性発汗と言って、辛いものや酸っぱいものといった刺激物を食べたときにも、顔のエクリン汗腺が活発になって汗が吹き出します。そのような症状が人より激しい場合は、顔の多汗症かもしれないので、病院を受診してみると良いでしょう。
顔の多汗症で困ること
顔は、体のほかの部分と違って、服に隠れることがありません。頭のように帽子で隠すこともできないので、いつでも人目にさらされています。そのため、顔の多汗症は、最も人にバレやすい多汗症だといえるでしょう。顔に大量に汗をかいていると、恥ずかしい思いをすることも少なくありません。女性にとって、汗で化粧が崩れやすくなるのも深刻な問題です。また、顔に汗をかくとテカりやすくなるので、油とり紙が手放せない人もいます。
  • 汗で化粧が崩れる
  • 顔が汗でテカる
  • 額から汗が大量に垂れてくるので恥ずかしい
多汗症の治療方法
多汗症には様々な手術や治療法がありますが、顔面に対応できるものは限られています。まず、緊張したときやストレスを感じたときに症状が現れる人は、精神療法や心理療法が有効となる場合があります。自分で精神状態を安定させる術を身につけることによって、自律神経が乱れるのを防ぎ、発汗機能をコントロールできるようになるのです。より即効性のある治療を希望する場合は、ボトックス注射をオススメします。ボトックスは、美容外科を始めとする多くの病院で用いられています。
詳しく見る
部位別NAVI
多汗症には、体全体に汗をかく全身性多汗症と、特定の部位に汗をかく局所性多汗症の2種類があります。多汗症が発症しやすいのは、頭部、顔、手のひら、足の裏、脇の下。どこに発症するかによって、生活への影響、治療法、手術の可否などが異なります。発症部位によって治療に適した病院が異なる場合もあるので、部位別の多汗症の特徴を知ることが大切です。

多汗症治療おすすめクリニックNAVI

全国に48院を展開する品川美容外科は、美容整形だけでなく多汗症治療も行っている病院です。土日祝でも治療を行っている病院もありますし、午後8時まで診察しているところもあります。品川美容外科では、ボトックス注射や超音波によって多汗症治療を行っています。どちらの手術も、手術にかかる時間は数十分ですので、もちろん病院からは日帰りできますし、体への負担も少ないです。丁寧なカウンセリングをしているので、安心して治療が受けれます。
品川美容外科
多汗症基礎知識
多汗症体験談
多汗症Q&A

編集者のひとりごと

手術はお金がかかる?
多汗症の治療において、忘れてはならないのが費用の問題です。手術はお金がかかるからと、ためらっている人も多いのではないでしょうか。確かに、病院で剪除法などの手術を受けると、30万円近くの費用がかかる場合があります。ですが、剪除法で汗腺を除去してしまえば、その効果は一生持続します。一方、手術以外の治療法には、効果が弱いものや長続きしないものがほとんどです。まずは病院でカウンセリングを受けて、様々な治療法を比較検討してみましょう。