多汗症基礎知識

多汗症の治療方法
多汗症は、病院で治療することができます。根本的な治療を目指すなら、汗腺を除去する手術や交感神経を切断する手術が効果的です。そのほか、レーザーで手術痕を残さない治療法を扱う病院も多くあります。また、ボトックス注射は、美容外科などの病院を中心に人気な治療法です。切開手術をせずに、半年程度は多汗症を抑えることができます。軽度の多汗症なら、塗り薬で改善することも可能です。どの手術や治療法を選ぶかは、病院でドクターとよく相談して検討することが大切です。
治療方法一覧
塗り薬(外用薬)
多汗症の治療に効果的な塗り薬として、塩化アルミニウム軟膏があげられます。塩化アルミニウムには、皮膚上に無数にある汗孔の形状を変える作用があります。また、同時に汗孔を殺菌することもでき、手、足、ワキなどの多汗症治療に有効とされています。演歌アルミニウム軟膏は、病院や美容外科で処方してもらうことができます。手術などの外科的治療が苦手な方にオススメです。
飲み薬(内服薬)
多汗症に効果的な内服薬として、抗コリン薬があげられます。抗コリン薬を服用すると、交感神経の働きを遮断することができます。それにより、発汗が抑制され、多汗症の症状が一時的に軽減されます。しかし、抗コリン薬には口渇や排便排尿障害といった副作用があるため、頻繁な服用は避けたほうが良いでしょう。人前に立つ時などに一時的使用するのであれば効果的です。
せん除法(手術)
剪除法とは、病院や美容外科で取り扱われている多汗症治療の1つです。手術でワキの皮膚を数センチ切り開き、多汗症の原因となる汗腺を取り除きます。病院での手術であれば傷跡の目立つ仕上がりになりがちですが、美容外科での剪除法手術であれば、傷跡の目立たない綺麗な仕上がりにしてもらえます。確実に多汗症を改善できることから、人気の高い治療です。
ボトックス注射
ボトックス注射を使うと、神経が汗腺に向けて出す指令を妨げることができます。そのため、汗は分泌されず、発汗を抑制することができるのです。なお、ボトックスには筋肉の収縮を抑制する働きがありますが、多汗症治療でボトックスを注射しても、ワキの筋肉に異変が生じることがありません。多汗症治療でボトックス注射を打つ際は、筋肉ではく、汗腺に注射が注入されるので安心です。
超音波法・吸引法
超音波法では、多汗症の原因となる汗腺を破壊し、取り除くことができます。この方法では、ワキの下を切開して超音波をワキの中に挿入する必要があるため、小規模な手術が必要になります。しかし、麻酔もあるので、ほとんど痛みを感じることはありません。また、手術で切除する部分もわずかなので、治療後も小さな傷跡で済みます。
多汗症基礎知識テーマ
多汗症ってどんな病気?
多汗症とは、必要以上な量の汗をかいてしまう病気のことです。字を書こうとした時に手汗で紙が濡れてしまう、冬なのにシャツが全面濡れてしまうほどの汗を掻く、パソコンが手汗で壊れてしまう、このような実体験があった方は、おそらく多汗症であるといえます。多汗症は、病院や美容外科で手術や治療を行うことで改善することができます。
詳しくはこちら
多汗症の原因は?
発汗には、温熱性発汗、精神性発汗、味覚性発汗の3種類があります。多汗症の人は、これらのいずれか、あるいは複数の発汗作用が上手くコントロールできない状態に陥っています。遺伝的・体質的な原因もありますが、何らかの病気が多汗症を引き起こしていることもあるので注意が必要です。原因によって適切な治療法も異なるので、まずは病院で診察を受けましょう。
詳しくはこちら

多汗症治療おすすめクリニックNAVI

全国に48院を展開する品川美容外科は、美容整形だけでなく多汗症治療も行っている病院です。土日祝でも治療を行っている病院もありますし、午後8時まで診察しているところもあります。品川美容外科では、ボトックス注射や超音波によって多汗症治療を行っています。どちらの手術も、手術にかかる時間は数十分ですので、もちろん病院からは日帰りできますし、体への負担も少ないです。丁寧なカウンセリングをしているので、安心して治療が受けれます。
品川美容外科
多汗症基礎知識
多汗症体験談
多汗症Q&A

編集者のひとりごと

治療費は目安のひとつ!安いだけで決めるのは×
日常生活の様々な面で不都合を感じることも多い多汗症の症状。治療するために、病院や美容外科を探している方も多いはず。ですが、当然ながら治療のためには治療費が必要です。その点がネックになると多汗症の治療が受けられなくなってしまうため、まずは治療費を基準として選んでしまいがち。もちろん、治療費も大切な病院選びの指針ですが、治療費が高い・治療費が安いというだけで選んでしまうのは危険と言わざるを得ません。治療費が安い病院が利用しやすいのは事実ですが、なぜ安いのか、その理由はまずきちんと考えてみるべきです。